社内に動きをもたらすオフィスデザイン

Pocket

従来型の社内環境では、どうしても人の動きに制約があり、受動的なデスクワークに終始してしまいます。
そのため、固定的な観念で業務を漫然と行う職場環境に陥りがちです。

そこで、新たな人の流れを生むゾーニングを取り入れたオフィスデザインをおすすめします。
社内に回遊できるスペースを設けることによって、社内の人の流れを能動的なものへと変化させられます。
いわば風通しの良い社内環境が実現できますので、心身ともに開放感を得られるオフィスとなるでしょう。

また、観葉植物などを配置することにより、実際のスペースよりも広く見せる効果だけではなく、目に優しい緑色を演出することができます。
さらに、シンプルな内装を伴うことによって、オフィシ内の居心地の良さと働きやすさを両立した社内環境の整備へと繋がります。

作業効率を高めるためにも人の動きを取り入れたオフィスデザインを作り出してみて、新たな業務推進の流れを実現してみてください。

This entry was posted in オフィスデザインを見つめ直す. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります